オープニングで見つけた素敵なアーティスト ③ This is the Kit

かなりさかのぼります。。。。

 

あれは10年前。。。。

 

2012年のこと

 

この年は私はイギリスにいたのです

 

大好きなイギリス

 

大好きなミュージシャンのほとんどがイギリスの方だった

 

なので、イギリスに来た

 

なんてシンプル

 

 

そして

ロンドンは必ずミュージシャンが

コンサートで立ち寄る場所

 

コンサート三昧の日々の中で

ある方、がツアーでイギリスに来ていた

 

Sharon Van Etten 

 

以前から彼女の音楽が好きだった私は

ロンドン公演を見逃すわけがない

そして行きました

 

確かこの時は

私にとって初めて見るオフィシャルな彼女のライブ

ドキドキワクワクものでした

 

何んと

当時の彼女のライブのことをあまり覚えてない。。。。。。

 

写真はあるんだけど

どうだったのか

思い出せない。。。

 

というのも、

この時のオープニングの印象が強く

そっちの記憶の方が

10年経った今でも残っている

 

それが

This is the Kit

 

イギリス、ウィンチェスター出身のKate Stablesを筆頭に構成したインディーフォークバンド

thisisthekit.co.uk

⬆︎なんだか、このサイト自体も手作り感満載で可愛いい!!

 

 

初めてThis is the Kit を見たのがSharon Van Ettenの2012年のロンドン公演

もう一組オープニングの方がいたのですが、記憶にない。。。。。

 

このコンサートでの一番の記憶が

This is the Kit  

だった

 

当時、このバンドのことを一切知らなかった私は

いつものように

オープニングの子出て来たなー

と観察

 

しかし

演奏が始まると

んんーん??

何なんだこの音楽は!?!?

という感じで

(⤴︎どういう感じだよ!)

 

今まで聞いて来た音楽と

かけ離れいた

というのも

フォーク

ではあるけど

また違う

カントリーではない

民謡?

っぽい

その中に

ロック的要素

ポップ的要素

がところどころ入った

フォーク

 

とにかく

このバンドの特徴が

何と言っても

何処かの国の(多分イギリス???)

民謡的な音楽

 

日本の音楽で例えると

まさに

演歌!!

 

Kate の歌い方

そしてバンジョー

もう、クセになる系の音楽

私はハマった

 

その時の映像がこちら

www.youtube.com

 

当時

イギリス自体でも

そこまで知られ渡っていなかった

このコンサート後に本人たちによる物販が行われていた

会場のイギリス人たちはフレンドリーに話しかけながら

Kate 達と楽しそうにしていた

それを目の前にし

うろうろ

羨ましそうに見つめ

私も話しかけたい。。。。

どうしよう

どうしよう

うろうろ

。。。。。

そして

去りました。

無念

 

こんなんばっかやってます私

いつか話しかけてやるんだーー!!!

思いながらも

本人目の前にしたら

弱気になり

去る

 

成功したこともあるですけどね

アワアワして

なに喋ってんだ?

緊張しすぎで

なにが起きたのかよくわからず

 

まそれはともかく、

このコンサートをきっかけに

This is the Kit のファンになった私は

その後もコンサートあるたび

行きました

 

間が空いたのですが

2017年

www.youtube.com

 

そして翌年

2018年

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

この2018年のコンサート

いつものように1人で行ったのですが

知り合いとばったり

 

カナダのコンサートともあり

このバンドのことを認知してる人が周りにいるとは思わなかったのですが

知り合いののパートナーがイギリス人ともあり来ていたのだ

なるほどー

コンサート終わりに

何とその知り合いのパートナーはKate に話しかけるなり

本人はびっくり

何と、Kate の知り合いだったらしい

世間って狭いですね

 

それをまた横目で見ながら

去りました。。。。。

なぜだ。。。